FC2ブログ
 

FC2カウンター

プロフィール

わらび

Author:わらび
家族:旦那 愛犬(トイプードル♂♀)
年齢:1974年生まれ
星座:ふたご座
血液型:A型
職業:主婦
住まい:大阪の田舎
趣味:愛犬とじゃれる
性格:マイナス思考で人見知り

~経歴~
2003年8月結婚。
結婚する前から子宮筋腫だと
わかっていたが経過観察し、なかなか
赤ちゃんを授かることが
できないため、2007年3月手術を決断。
同時に卵巣嚢腫も判明し
同時に摘出。
2007年9月に解禁になるが
排卵しなくなり
思い切って不妊専門病院へ。
本格的な不妊治療を開始する。

2007年11月初AIH→×
2008年1月思い切って転院する。
体外へステップアップを考え始めるが
転院先のクリニックでもう少しAIHで
様子を見ることを進められる。

2008年1月AIH2回目→×
2008年2月タイミング→×
2008年3月AIH3回目→×
2008年5月AIH4回目→×
2008年6月AIH5回目→×

2008年8月体外受精へステップアップすることを決意!

2008年9月顕微受精に挑戦!

2008年11月凍結融解胚移植
判定→hcg15.0で陰性

2009年1月凍結融解肺移植(2回目)
判定→hcg1.6で陰性

2009年3月凍結融解胚移植(3回目)
判定→hcg27.4で一応陽性
再判定→hcg127.4でまた持ち越し
再々判定→hcg927に上がってたけど
胎嚢が小さすぎると流産の宣告受ける。
6w6dでした。

2009年4月24日子宮内ソウハ手術を受けるが
子宮口が開かないため手術中止

子宮を収縮させる薬を飲んで様子を見る

2009年5月流産手術中止から
2週間後の診察でまだ胎嚢が
成長してることを確認
hcg3557←異常であることは
間違いないとのこと

ノアルテンを飲んで生理がくるのを待つ

2009年6月9日
ノアルテンD服用後生理がくるが
胎嚢は出てきてくれませんでした。

2009年6月9日~
2回目のノアルテン服用で様子をみる

2009年7月6日~
3回目のノアルテン服用で様子をみる

7月31日
子宮鏡で中の状態を確認しようとするが
結局入らなくて中止

2009年8月11日~
4回目のノアルテン服用で様子を見る

2009年9月2日
hcgが0.5まで下がったことで
すべて出てきてくれたことを確認
赤ちゃんはやっとお空へ行くことが
できました

2009年9月現在
治療お休み中です

~メッセージ~
こんなやつですがよろしゅうたのんます(*^-^)ニコ

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

天気予報

占い

RSSフィード

FC2ブログランキング

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック

BT2日目 風邪なの?

昨日の夜ぐらいから頭痛がして辛い。


風邪ひいたかも。


喉も少し痛い。


体温は普通の高温期と同じぐらい。


お腹の違和感はまったくなし。


体が熱いけど、これは常に温めているからだろうね。


食欲は移植前に比べたら、なくなっている。


これは、動いてないからだと思う。


BT2日目の体調はこんなところです。


今のところ、フライングはしないつもり。


旦那さんも、母親もしないほうがいいという意見だったから。


私も、それでもいいかなって。


でも、直前になったら気が変わるかも。


やっぱり怖気づくかな。


とにかく、今週はお姫様でいこうと思います。


旦那さんがうるさすぎるからね。



にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へにほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ

BT1日目 移植完了・・・かな。(長文です)

更新が遅くなってしまいました。


昨日はとにかく疲れていてパソコンに向かうことは
止めようと思って・・・。


では、移植当日のご報告をしたいと思います。



移植の日、私は病院へは午後1時に行くことになっていたので
その前に母と待ち合わせをしてランチをすることに。


母とカフェで軽く食べようと言って、病院近くの
カフェでランチをしながらいろんな話をした。


母と話しているうちに緊張はなくなりとてもリラックス
することができた。


時間になり病院へ到着。


受付を済まして、Cロビーで待つように言われる。


1時が最終のトイレの時間だったので行っておく。


それからは、ひたすらお水をがぶ飲み。


10分ぐらいすると電話がなって、リカバリールームへ
入るように言われる。


そのとき、まだ旦那さんが到着していなかったので
間に合うか心配になる。


看護師さんにも旦那さんはまだかと聞かれ
ちょっと遅れてくると伝えると、2時までに着けば
大丈夫とのこと。


ここで母とはお別れ。


中に入ると、採卵したときと同じ8番の部屋へ案内された。


着替えの説明を受けて、私が1番だということを言われ
2時ピッタリぐらいにはじまるとのこと。


私が着替え終わった頃に、旦那さん到着。


間に合ってよかった~


旦那さんも割烹着みたいたのと、頭のキャップをつけるように
言われる。


私は、まだ水をごくごく飲んでいた。


なんかあんまりトイレに行きたくない感じ。
焦る。


あと少し時間があったので、リラクゼーションのビデオを
見ながらリラックスしようと思って横になると急に来たんです!


ものすごく、トイレに行きたい!!


旦那さんに
「どうしよ~もれそう・・・」
「我慢できるかわからんわ」


旦那さんは笑ってました^^


でも、こっちは必死でもう限界まできてた。


こんなに我慢したことはないぐらいだったよ。


やっと2時になって、もうすぐや~って思っていると
看護師さんが呼びに来た。


「行きましょうか~」と看護師さん。


私はなぜか
「やばい」と言ってしまい
看護師さんが
「何がやばい?」って聞いてきた。


「おしっこがもれそうでやばいです」と私。


看護師さんも笑顔だった。


採卵した部屋とはまた別の手術室?に案内される。


最初から旦那さんも一緒に入る。


旦那さんは周りをぐるっと見回し
「すごいな~」と言っていた。


手術台?に座るように言われる。


旦那さんもスタンバイする。


先生登場!


今日の担当は女性のI先生。


始めて当たったのでどんな先生知らない。


旦那さんが看護師さんに手を握るように言われる。


いよいよ始まる。


もう、ここからが恐怖と不安が押し寄せます。


I先生「では、まず管を入れていますね」

  「はい」

I先生「あまり痛くないですからね」

  「はい」

I先生「・・・・・」(何度も挑戦しているよう)

  超音波の画面をジーっと見る。

旦那 私と同じく画面を見る。


どうやらなかなか管が入っていかなようで
何度も、何度も管を変えたりクスコの大きさや
形を変えて、角度を変えて挑戦してる。


もう、すごく痛くなってくるし大丈夫なのか不安になるし
旦那さんの顔を何度も見る。


看護師さんも心配そうに
「大丈夫だからね」と声をかけてくれる。


30分ぐらい管を入れるのをやっていたと思います。


I先生「子宮口から少しだけは入るんだけどそれ以上入っていかないんです。」
    もしかしたら、中でくっついてるかもしれないから
    そうなれば細い針で子宮に直接刺してそこからいれることになります」

  「・・・・」


この時点でもう涙が出そうでなんでこんなことになるの?
今まで人工授精のときもちゃんと入ってなかったってこと?
どういうこと?


そんな想いが頭の中をグルグル回ってた。


その前に、一度別の先生に来てもらってやって見るとのこと。


男性のI先生が来てくれるからねと看護師さんに言われるが
私は頭が真っ白でどうなるのかとすごく不安でたまらなかった。


旦那さんの顔を見ると旦那さんはすごく怖い顔だった。


しばらくして、男性のI先生登場。


「先生、どうかお願いします」心の中で強く思う。


I先生が管を入れ始める。


今までで1番の痛みが襲ったと思ったら
「はい、入ったからね~」とI先生の声が聞こえた。


それからは、もう早かったです。


卵が入るところを見て、先生の説明を受ける。


「子宮の入り口がちょっと細くなってたから入りにくかったけど
ちゃんと移植できましたからね」とのこと。


よかったけど、なんだか不安になる。


画面を見ていたけどそんなに奥に入ってなかったような気がした。


看護師さんに言ってみるけど
「大丈夫よ。ちゃんと入ったよ」って言ってくれた。


旦那さんに
「ほんまにちゃんとできたんかな?」って聞いてみるけど。
旦那さんも私と同じこと思ったようで、不安な顔。


でも、もう先生の腕と言葉を信じるしかないと思って
考えるのはやめた。


すべて終了して、車椅子でまずはトイレにいくように言われる。


「すぐいっていいんですか?」って聞くと
「大丈夫、卵が出ることはないからね」と看護師さん。


私が聞いてた話では終わると管で尿を抜いてくれるって
聞いたんだけど。


言ったらそうしてくれたのかな。


トイレに行くとおしっこが出るわ出るわ!


止まらなかったよ。


まだ少し痛みが残っていたのでベッドに戻って横になる。


旦那さんと
「とにかく終わってよかったね。あとは信じるだけ」って
言って旦那さんは私のお腹に手を当てて
「くっつけーーー」って言ってくれた。


旦那さんがもう仕事に戻らないといけないので
私の母と交替することに。


母にこんなことがあったんだよ~って話をして
ケーキを食べてアンケートを書いてすべてが終了した。


帰る頃には痛みもなく、なんの違和感もなくなっていた。


でも、旦那さんが絶対にタクシーで帰れというので
受付で支払いをしてタクシーを呼んでもらって帰宅です。


結局、あっという間だと聞いていた移植に
1時間近くかかっていた。


私が1番だったので後の方に迷惑かけたと思った。


昨日は帰ってから少しお腹が張っているなって思ったけど
今日はなんともない。


また、ほんとに大丈夫なのかと心配になってくる。


痛みがあったりすると着床してるんじゃないかと思うけど
痛みもなければ、体温も高くない。


不安です。


旦那さんにはいえないけどね。


長々と最後まで読んでくださった方ありがとうございます。


あと10日、今は穏やかに過ごすことを1番に考えたいと思う。



にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へにほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ

D20 いよいよ明日・・・。

移植の日が明日となりました。


今はまだ落ち着いています。


でも、夜寝る前に布団に入ると当日のことを
想像してドキドキして眠れなくなる日が続いています。


今日は眠れるかな。


明日は、私の母親も付き添ってくれるとのこと。


うれしいんだけど、ちょっと恥ずかしいような・・・。


私の通ってるクリニックは移植に旦那さんが立ち会える
んだけど、もしかしたら旦那さんが仕事で間に合わないかも
しれないので、そうなると母親が立ち会うの?
なんて思って、それはちょっと避けたいな・・・って。


母親には外で待っててもらうことにします。


義母もすごく協力的でとても助かるけど
逆にプレッシャーも感じてしまう。


義母は移植をしたらもう成功したも同然みたいな
ところがあって、そういうのを聞くとちょっと待ってって思ってしまう。


ほんとに私のためにいろいろしてくれてて
うれしいんだけどね。


これは贅沢な悩みかもしれないね。




もう、ここまで来たらあとは運しかないと思う。


だから、緊張しても何してももう同じなんだよね。


腹くくって行って来たいと思います!


また、報告します。



旦那さんが
「1回目の移植は練習やと思っていったらいい」って
言ってくれたのがすごくうれしくて、緊張が緩みました。




にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へにほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ

D14 移植日決定!

やっと決まりましたよ。


凍結融解肺移植の日程が!


11月10日 月曜日です。


今日は、周期14日目で内膜の状態がよければ
移植日が決まる日でした。


別にずれてもいいんだけど、もうできるだけ早く移植して
しまいたい気持ちだったから
今日決まってホッとした。


今日の診察はH先生。


1時間ぐらい待って電話がなってお呼び出し。


内診室に入るとちょっとだけ待ってH先生登場。


いつみてもかっこいいね~^^


内膜を計る。


9.5ミリ。


「9.5ミリあるので移植して大丈夫ですからね」と先生。


私は一安心。


「そしたら、あとで話しますね」と先生に言われて内診は終了。


診察室に入って座ると、移植の日とお薬の追加を言われて
終わり。


いつも、何か質問しようと思うんだけどそのときには
思いつかず終わってしまう。


で、終わってから
「あれ聞けばよかった・・・」とか思う。


私のダメなとこ。


あとは看護師さんとのお話。


そこで、病院で知り合ったお友達2人に会って
ぺちゃくちゃおしゃべり。


だから、時間があっという間にすぎてよかったです。


看護師さんから、移植の時間などの説明を聞き
それが終わったらまたそのお友達と
おしゃべり。


久しぶりにみんなの近況が聞けてうれしくて
時間も忘れてしゃべってました。


帰る頃に外は暗くなってたよ。
急いで帰った。


みんな、いろいろあって状況などは違うけど
気持ちは同じなんだということが改めてわかった。


絶対にみんなでいい報告しようねって言って
解散しました。


ほんとに、ほんとにそうなりたいよね。


あぁ、いよいよ移植や~


ドキドキするぅーーー


みんなのパワーをくださいぃぃぃぃ!!



にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へにほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ

D6 順調に進んでほしい。

生理も終わってあとは内膜が
順調に育ってくれることを祈るばかりです。


連休明けの診察にはフカフカベッドができてるかな。


私の場合、子宮に問題を抱えているので
ここからが問題だと思う。


こんな私の子宮に卵ちゃんはしがみつくことが
できるのだろうか。


信じたい、でも・・・っていう思いが行ったり来たりです。


でも、でも、私が信じてあげないといけないし。


最近は友達と会う機会が多かったので
少しストレス発散したかな。


でも、旦那さんともめることが多い・・・。


これはかなりのストレス。


なんでなんだろう?


仲良くしたいのに、どうして怒ってしまったり
すねたり泣いたり。


自分でもコントロールできなくなってるのかな。


反省する部分としてほしいなっていう部分といろいろある。


移植まで順調に行けば2週間。


ストレスなく穏やかに過ごしたい。



にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へにほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ

  【BACK TO HOME】  


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE