FC2ブログ
 

FC2カウンター

プロフィール

わらび

Author:わらび
家族:旦那 愛犬(トイプードル♂♀)
年齢:1974年生まれ
星座:ふたご座
血液型:A型
職業:主婦
住まい:大阪の田舎
趣味:愛犬とじゃれる
性格:マイナス思考で人見知り

~経歴~
2003年8月結婚。
結婚する前から子宮筋腫だと
わかっていたが経過観察し、なかなか
赤ちゃんを授かることが
できないため、2007年3月手術を決断。
同時に卵巣嚢腫も判明し
同時に摘出。
2007年9月に解禁になるが
排卵しなくなり
思い切って不妊専門病院へ。
本格的な不妊治療を開始する。

2007年11月初AIH→×
2008年1月思い切って転院する。
体外へステップアップを考え始めるが
転院先のクリニックでもう少しAIHで
様子を見ることを進められる。

2008年1月AIH2回目→×
2008年2月タイミング→×
2008年3月AIH3回目→×
2008年5月AIH4回目→×
2008年6月AIH5回目→×

2008年8月体外受精へステップアップすることを決意!

2008年9月顕微受精に挑戦!

2008年11月凍結融解胚移植
判定→hcg15.0で陰性

2009年1月凍結融解肺移植(2回目)
判定→hcg1.6で陰性

2009年3月凍結融解胚移植(3回目)
判定→hcg27.4で一応陽性
再判定→hcg127.4でまた持ち越し
再々判定→hcg927に上がってたけど
胎嚢が小さすぎると流産の宣告受ける。
6w6dでした。

2009年4月24日子宮内ソウハ手術を受けるが
子宮口が開かないため手術中止

子宮を収縮させる薬を飲んで様子を見る

2009年5月流産手術中止から
2週間後の診察でまだ胎嚢が
成長してることを確認
hcg3557←異常であることは
間違いないとのこと

ノアルテンを飲んで生理がくるのを待つ

2009年6月9日
ノアルテンD服用後生理がくるが
胎嚢は出てきてくれませんでした。

2009年6月9日~
2回目のノアルテン服用で様子をみる

2009年7月6日~
3回目のノアルテン服用で様子をみる

7月31日
子宮鏡で中の状態を確認しようとするが
結局入らなくて中止

2009年8月11日~
4回目のノアルテン服用で様子を見る

2009年9月2日
hcgが0.5まで下がったことで
すべて出てきてくれたことを確認
赤ちゃんはやっとお空へ行くことが
できました

2009年9月現在
治療お休み中です

~メッセージ~
こんなやつですがよろしゅうたのんます(*^-^)ニコ

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

天気予報

占い

RSSフィード

FC2ブログランキング

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック

D5 排卵誘発の注射って・・・。

体外受精をするにあたって、排卵誘発の注射を
近くの病院でしようかと思っていた。


でも、その行こうと思っている病院へ連絡をとったところ
なぜかパッとしない。


多分看護師さんの対応だったと思うけど
説明がいまいちわからなかったし
私が使う注射薬がないそうです。


持ち込めばいいのだけどなんか行く気がなくなってしまって
やっぱり今通ってる病院に行くことにした。


少し遠いけど注射だけだし、5日間だし
何とかなる。


病院へも連絡してそういうことで進めてもらうことにしました。


不安なまま行くよりいいもんね。


まだ先なんだけどすぐだよきっと。


旦那さんが禁煙してくれるかも?です。


まだはっきり返事してくれなかったけど
そういう方向で考えるっていうかやってみようかな~って。


今までは絶対無理って言ってたから進歩したよね。


うれしい^^


すごく協力的になった旦那さんのためにも私も
やれることしていきたいです。



にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へにほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ

初めての体外受精、始まります。

インフォームドコンセント終了しました。


2時の予約だったので少し早めに家をでて昼食をとってから
行こうという事になりました。
それでもまだ早く着いてしまうので、クリニックにあるカフェで
お茶して待つことになったんだけど意外と早く電話がなり
看護師さんから体外受精についての注意点など詳しく
お話してもらいました。


旦那さんは説明会にも出席していなかったため
看護師さんの話を興味心身で聞いて質問も
たくさんしていて、お~関心、関心なんて思って
少しうれしかったな。


説明は30分ぐらいで終了。


次は先生とのお話。


1時間ぐらい待ってやっと呼ばれて診察室へ。
すぐに体外受精へ進みたいと伝えていたけど
聞かなければいけないことがある。


ポリープのこと。
先生に「ポリープがあるって言われてて体外へ進む前にとったほうが
いいって言われたんですけど・・・」と伝える。
先生はビックリしたように
「そうなんですか?いつごろ言われた?」と私に聞く。
「少し前だと思います」と私。
カルテに書いてあるところを探している。
しばらくして「あぁほんとだね。そしたら内診してみますね」と先生。


内診してみると
「う~ん、ポリープらしきものは見当たりませんね。」
「小さいと生理のときに一緒に出てくることもあるから
もしかしたらそうかもしれません」
「このまま、体外へ進んでもいいと思います」とのこと。
手術がなくなってうれしいけどほんとに大丈夫なのか少し不安。
でも、先生の言葉を信じるしかない。


で、すんなり体外へ進むこととなりました!
それから、旦那さんの精子の状態があまりよくないとのことで
顕微授精適応になってしまった・・・。
でも、確立が上がるならやりますよ!


さっそく本日からマーベロンを14日間服用開始。
D10からスプレキュアが始まります。


いよいよ始まったんだな~。


今日は、病院が終わってから旦那さんと夕食を食べて帰って
そのときにいろいろ話しました。


旦那さんも今日のインフォームドコンセントと先生の話で
だいぶ体外のこと理解してくれたみたいで
やる気マンマンといった感じ。


1回でできたらいいけど、1回で絶対出来ると思うのは
やめておこうって。
やっぱりこれだけのことしてあかんかったら辛いもんな。
って言ってくれた事がうれしかった。


今までは私が期待しないことに怒っていたから。


私の気持ちが少し伝わったようでうれしかったです。


妊娠できたとしても、流産の覚悟もしておこうって。
その言葉もなんかうれしかった。


こんなこと最初から思うのはダメなのかもしれないけど
そういう風に思う人じゃなかったから
私の辛さとか気持ちとかわかろうとしてくれてるのかな。


いろんな不安はまだまだあるけど
やっぱり旦那さんの赤ちゃんが欲しいんです。


今日は改めてそう思った。


精一杯のことやります!がんばります!


私、忘れてました。

ほんとに1日の狂いもなく、本日リセットです。


私の体はとてもとても正直な子で感心しますわ。


ということで、生理が始まってくれたので来週の月曜日の
インフォームドコンセントは無事に計画を立てられると思います。


でも・・・・私忘れていたことがありました。


体外することばかりに気をとられてしまって
その前にやらなければならなっことがあったんですよ!


「ポリープ除去手術」です(´Д⊂グスン


先生もあまりこのことについて話してくれないから
私の中でどうでもいいことになってしまっていたのかも。


AIHのときに何回か聞いて見たんだけど
それはまた体外へ行くときに考えましょうっていわれたきり
ちゃんと見てくれてなかった。


そのことも、今度ちゃんと聞かなくちゃね。


昨日、ポリープのことをふと思い出して
いよいよ体外なんだって思っていたから一気に気持ちが
落ちました。


手術怖いよ~


先生は簡単な手術だって言ってたけど
麻酔ちゃんとしてくれるのかな?


子宮鏡って痛いんだよね?


不安だよ・・・・。


でも、これを乗り越えなければ体外へは進めないと思う。


やるしかないよね。


これが第一の壁なんだ!


乗り越えて見せますよ。私やりますよ。



でも、ポリープとってすぐには体外できないよね?


どれぐらいかかるんだろう?


そんなこと考えても仕方ないか。


今はやれることからやるしかないんだよね。



動き出します。

昨日、旦那さんにお義母さんへの態度
のことちゃんと言って聞かせました。


旦那さんもきつく言うつもりはないんだけど
どうしても言ってしまうらしく、反省してました。


でも、旦那さんはお義母さんの言葉でどうしても
許せなかった言葉があったんだって。


私はあまり気にとめなかったんだけど
旦那さんはカチンときたみたい。


お義母さんは私たちが今までやってきた辛いことや
気持ちがわかるって言ったんだって。
子供が出来ない気持ちもわかるって。


旦那さんはそんなこと絶対にわかるわけないのに
簡単にわかると言うなって思ったって。


旦那さんにそう言われて、お義母さんそんなこと言ったんだって思った。
わたし気付かなかったよ。


旦那さんの言うこともわかる。
もし、私の親がそんなこと言ったら私も怒っていただろう。


旦那さんばかりを責めたことをちょっと反省。


でも、言い方があるのでそれは旦那さんもわかってくれたみたいでした。


これからはもう少し気をつけてくれると思います。


それから、体外受精のスケジュールを決める
インフォームドコンセントの予約をしました!


ブロ友のあすたさんがすぐにいっぱいになるから
早めにいれたほうがいいよって言ってくれたので
助かりました。


希望の日時に予約をとれてよかったです。


あぁ、ほんとになんか動き出したという感じです。


体の負担、経済的な負担。
いろんな負担がのしかかってくるかと思うと不安だけど
今は前へ進むしかないんです。


いい方向へ向かうと信じるしかないよね。



行ってきました!

説明会、行って来ました。


思ってたよりもすごく人が多いのにビックリ!
こんなにたくさんの人が毎月来てるんだと思うと改めて
体外受精を考えてる人は多いんだと思いました。


説明はとてもわかりやすいもので、お義母さんも話を聞いて
ある程度のことは理解してくれたみたいでした。


すごいザーっとした説明に感じたけどよくわかりました。


ほとんどの方が夫婦で参加していらっしゃって
お義母さんと来ているのはたぶん私だけだったと思います。


お義母さんもこれは夫婦で参加しないといけないと思うって
言って旦那さんにもっと協力的になるように言ってくれるそうです。
仕事だから仕方がないんだけどね。


説明会は1時間ぐらいで終了。


最後の質疑応答で誰も質問しなかったんだけど
そりゃそうだよね。
ひとそれぞれ事情があるし詳しい質問なんてみんなの前で
出来ないと思った。


説明会が終わったあと、少しブラブラしてお茶して
そのときにいろいろ話しました。


お義母さんは、これはとても大変なことだと思うから
家族みんなでサポートするよって言ってくれました。


旦那さんが仕事で付き添ってくれないときは
お義母さんが一緒に病院へ行ってくれるって言ってくれて
とてもうれしかった。


私はとてもいいお家に嫁いだと思いました。


最後にお義母さんに手紙を渡しました。


もしかしたら、私の思いがちゃんとお義母さんに伝わらないかもしれないから
今の私の思いを書いておいたんです。


ほんとに今日一緒に行けてよかったです。


これから、まだまだいろんな問題があると思うけど
こんなにいい家族に見守られてると思ったらパワーが沸いてきます!


いよいよ体外へ向けて進みだしように思います。



  【BACK TO HOME】  


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE