FC2カウンター

プロフィール

わらび

Author:わらび
家族:旦那 愛犬(トイプードル♂♀)
年齢:1974年生まれ
星座:ふたご座
血液型:A型
職業:主婦
住まい:大阪の田舎
趣味:愛犬とじゃれる
性格:マイナス思考で人見知り

~経歴~
2003年8月結婚。
結婚する前から子宮筋腫だと
わかっていたが経過観察し、なかなか
赤ちゃんを授かることが
できないため、2007年3月手術を決断。
同時に卵巣嚢腫も判明し
同時に摘出。
2007年9月に解禁になるが
排卵しなくなり
思い切って不妊専門病院へ。
本格的な不妊治療を開始する。

2007年11月初AIH→×
2008年1月思い切って転院する。
体外へステップアップを考え始めるが
転院先のクリニックでもう少しAIHで
様子を見ることを進められる。

2008年1月AIH2回目→×
2008年2月タイミング→×
2008年3月AIH3回目→×
2008年5月AIH4回目→×
2008年6月AIH5回目→×

2008年8月体外受精へステップアップすることを決意!

2008年9月顕微受精に挑戦!

2008年11月凍結融解胚移植
判定→hcg15.0で陰性

2009年1月凍結融解肺移植(2回目)
判定→hcg1.6で陰性

2009年3月凍結融解胚移植(3回目)
判定→hcg27.4で一応陽性
再判定→hcg127.4でまた持ち越し
再々判定→hcg927に上がってたけど
胎嚢が小さすぎると流産の宣告受ける。
6w6dでした。

2009年4月24日子宮内ソウハ手術を受けるが
子宮口が開かないため手術中止

子宮を収縮させる薬を飲んで様子を見る

2009年5月流産手術中止から
2週間後の診察でまだ胎嚢が
成長してることを確認
hcg3557←異常であることは
間違いないとのこと

ノアルテンを飲んで生理がくるのを待つ

2009年6月9日
ノアルテンD服用後生理がくるが
胎嚢は出てきてくれませんでした。

2009年6月9日~
2回目のノアルテン服用で様子をみる

2009年7月6日~
3回目のノアルテン服用で様子をみる

7月31日
子宮鏡で中の状態を確認しようとするが
結局入らなくて中止

2009年8月11日~
4回目のノアルテン服用で様子を見る

2009年9月2日
hcgが0.5まで下がったことで
すべて出てきてくれたことを確認
赤ちゃんはやっとお空へ行くことが
できました

2009年9月現在
治療お休み中です

~メッセージ~
こんなやつですがよろしゅうたのんます(*^-^)ニコ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

天気予報

占い

RSSフィード

FC2ブログランキング

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日は恐怖です><

またまたのご無沙汰です。


本日、ノアルテンDを飲み終わって生理が来て10日目。


まだ、出血が続いているのですが終わりそうもないので
診察に行ってきた。


9時からの採血で10時からの診察予定。


9時15分前に病院へ到着したら、すぐに採血の呼び出し。


今日担当の看護師さん、とってもよくしゃべるやさしい看護師さん。


私のカルテを見て
「もう、はやくおわってほしいな~」
「いいかげん、スッキリしな先にすすまれへんもんな~」



「そうなんですよね」
「でも、まだ出血終わってないんですけど大丈夫ですかね?」


看護師さん
「それは、体が一生懸命異物をだそうとがんばってるんやわ!」
「人間ってすごいね^^」
「ちゃんと先生が見てくれるから大丈夫!」


採血でこんなにしゃべったのはじめて。


でも、なんかうれしかった。


それから1時間ぐらいして、診察の呼び出し。


まず、超音波。


内診台に座るとすぐに先生登場。


いつものI先生。


先生 「はい、わらびさんどうですか?出血の量とかどうでした?」


  「そんなに多くはなかったですけど、まだ生理が終わらないです」


先生 「生理はいつから?」


  「21日からです」


先生 「10日目か・・・」


先生 (超音波の画面見ながら)「子宮の中に血液がたまってるね」


  「・・・そうなんですか?」


先生 「ちょっと中を診察しますね」


  「はい」


先生 「(広げる器具?(なんていうのかわからない)を入れて洗浄して見ている」


先生 「ちょっと我慢してね」


次の瞬間、激痛!!


 「痛い!!」


先生 「はいごめんね」


私は涙出そうになってこらえる。


先生 「じゃあ、もう一回ね。これは痛いね?じゃあこれは?」


 「さっきよりましです(泣)」


先生 「はい、わかりました、じゃああとでお話しますね」


 「はい(泣)」



もう、こんな痛い目にあうなんて思ってなかったから
腹が立ってプリプリしてしまった。


診察室に入ると目の前にhcgの書いた紙があって見て見ると・・・


hcg 5.6


先生 「hcgがだいぶ下がってますのでいいんですけど
    子宮に血液がまだたまっているのでこれが全部出て中が
    きれいにならないと0にはなってくれないと思います」


先生 「だからね、いちど子宮鏡で中を見てみたいと思います」


  「はい(内心、エぇぇぇぇーーーいややーーー)」


先生 「カメラが入るかわからない(私の子宮口はとてもとても細いのです)
    けど一度やってみて無理なようならやめます」
    「これで今の中の状態がわかれば中で残っている物が何なのか
    はっきりするし、出せるようなら出したほうがいいからね」

  「はい(泣きそう)」


絶対に痛いに決まってるから先生に聞いてみた。



「麻酔使いますよね?」



先生  「あまりにも痛いようなら使います」


  「はい(最初から使ってよーー!!)」


先生  「はい、そしたら明日ね」


診察、終了。


もう、なんか気持ちがまた落ち込んでしまった。


あの痛いの、もういやなんだよーー!


怖いよ・・・。


でも、先に進むためにはがんばろうと自分に言い聞かせて
もしかしたら入るかもしれないしとか、麻酔を最初から使ってもらえるように
言ってみようかとか考えてたら、看護師さんからお呼び出し。


中に入ると朝の看護師さんでした。


明日の子宮鏡の説明を受ける。


看護師さん
「明日、一人で来る?」
「帰りとか大丈夫かな?」
「お家どこ?」(カルテを見て確認)」
「あぁ、ちょっと遠いね」(ずっと一人でしゃべってる^^)


ここで、看護師さんとご近所だということが判明。


地元話でしばらく盛り上がりました。


「あそこ知ってる?あそこは?」


そんなことのいい合いでした^^


なんか気持ちも紛れてよかったです。


看護師さんありがとう!


でも、病院を出るとまたどよ~んとした気持ちになる。


どうしよ・・・でもそんなこと思ってもしょうがないし。


やるしかないんですよ!


すべて、自分のためなんだから。


気合でいってきます!!


また、報告します!




長々とスイマセンでした。
読んでくれた方ありがとう^^



にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ
スポンサーサイト

<< 恐怖の結果報告。  【BACK TO HOME】  いつ終わるの? >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。