FC2カウンター

プロフィール

わらび

Author:わらび
家族:旦那 愛犬(トイプードル♂♀)
年齢:1974年生まれ
星座:ふたご座
血液型:A型
職業:主婦
住まい:大阪の田舎
趣味:愛犬とじゃれる
性格:マイナス思考で人見知り

~経歴~
2003年8月結婚。
結婚する前から子宮筋腫だと
わかっていたが経過観察し、なかなか
赤ちゃんを授かることが
できないため、2007年3月手術を決断。
同時に卵巣嚢腫も判明し
同時に摘出。
2007年9月に解禁になるが
排卵しなくなり
思い切って不妊専門病院へ。
本格的な不妊治療を開始する。

2007年11月初AIH→×
2008年1月思い切って転院する。
体外へステップアップを考え始めるが
転院先のクリニックでもう少しAIHで
様子を見ることを進められる。

2008年1月AIH2回目→×
2008年2月タイミング→×
2008年3月AIH3回目→×
2008年5月AIH4回目→×
2008年6月AIH5回目→×

2008年8月体外受精へステップアップすることを決意!

2008年9月顕微受精に挑戦!

2008年11月凍結融解胚移植
判定→hcg15.0で陰性

2009年1月凍結融解肺移植(2回目)
判定→hcg1.6で陰性

2009年3月凍結融解胚移植(3回目)
判定→hcg27.4で一応陽性
再判定→hcg127.4でまた持ち越し
再々判定→hcg927に上がってたけど
胎嚢が小さすぎると流産の宣告受ける。
6w6dでした。

2009年4月24日子宮内ソウハ手術を受けるが
子宮口が開かないため手術中止

子宮を収縮させる薬を飲んで様子を見る

2009年5月流産手術中止から
2週間後の診察でまだ胎嚢が
成長してることを確認
hcg3557←異常であることは
間違いないとのこと

ノアルテンを飲んで生理がくるのを待つ

2009年6月9日
ノアルテンD服用後生理がくるが
胎嚢は出てきてくれませんでした。

2009年6月9日~
2回目のノアルテン服用で様子をみる

2009年7月6日~
3回目のノアルテン服用で様子をみる

7月31日
子宮鏡で中の状態を確認しようとするが
結局入らなくて中止

2009年8月11日~
4回目のノアルテン服用で様子を見る

2009年9月2日
hcgが0.5まで下がったことで
すべて出てきてくれたことを確認
赤ちゃんはやっとお空へ行くことが
できました

2009年9月現在
治療お休み中です

~メッセージ~
こんなやつですがよろしゅうたのんます(*^-^)ニコ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

天気予報

占い

RSSフィード

FC2ブログランキング

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たな気持ちになれた日。

またまたお久しぶりです。


今日はノアルテンで生理を起こさせてから
10日目で診察の日でした。


体はもうなんともないのでhcgは下がってるだろうと
思っていたけどやっぱり不安。


今日、もし下がっていなかったら入院って言われてるし
もし入院になったらどうしよう・・・。


そんなことを思いながら病院へ行ってきました。


まずは採血して約1時間ぐらい待って診察です。


内診室へはいるといつものI先生。


超音波で内膜を見て
「あぁ、もうきれいになってます」
「そしたら、これからのことお話しましょうね」ってことで内診終わり。


「よかった~」その言葉しかありません。


診察室に入ってhcgが書かれてる紙を見ると
0.5にまで下がっていました。


「0.5になったのでもうすべて出てきてくれたようです。」
「長かったですけど、よかったです」と先生。


私も
「ほんとによかったです!」といいました。


「今回の流産の原因としては卵の質の問題だと思います」
「わらびさんの子宮に問題があったとかではないと思います」とのこと。


「それとあと2つの卵が残っていますが
これを移植するときにはすべて埋め込み式になります」とのことでした。


「わかっています」(心の中で思っていました)


それはもう十分わかっていますよ。


妊娠率は埋め込み式でも変わらないそうですが本当かな?


ネットの情報で埋め込み式は妊娠率が下がると書いていたのを
見たことがあったんだよね。


でも、私も今回始めて埋め込み式での移植で妊娠できただよね。


だから妊娠率は変わらないほうを信じることにしよう。


「もう、来月から移植できますけどどうしますか?」と聞かれ
「あの、少しお休みすることにします」と返事しました。


でも、先生から来月に移植できると聞いて
そんなに早くできるならしたいな~ってちょっと思いました。


でも、お休みすることは前から決めていたこと。


このお休みの間に少しだけ仕事してみようと思っている。


仕事って言ってもパートぐらいだけど。


やっと、やっとすべてが終わったよーー!!


心も体もスッキリ!


ほんとに辛い4ヶ月だったけど初めて妊娠できたことは
すごく、すごくうれしいことでした。


なんか、前に進めた気がしました。


流産は経験したくなかったけどいつか戻ってきてくれると信じて
また前に進んでいきます。


ブログを読んでくれて慰めのコメントいただいた方々。


ブログをただ読んでくれた方々。


それから、ブロ友からリアル友になったあすたさん。


本当にありがとうございました。


みなさんのおかげで私はまだまだがんばれますよ。


少しお休みしたらまた前に進みます。


更新頻度は少ないですがどうかこれからも見守ってくださいね。




にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ
スポンサーサイト

これからのこと。

少し遅くなりましたが、恐怖の子宮鏡から
一夜明けての診察のことをご報告したいと思います。


先生のお話によるとやはり入り口までしか入らなかったとのこと。


なぜこんなことになったのかは、子宮の入り口に筋腫ができていて
炎症を起こしているかもしれないそうです。


今までの移植2回は管が入りにくかったけど入っていた。


でも、3回目の移植で管が入らなかった。


徐々に狭くなっているのは筋腫が大きくなってきているからかも
だそうです。


でも、手術をしたほうがいいとかは言われなかった。


筋腫は1センチ程度では手術の必要はないそうです。


だからかな。


このまま、入院して手術をするとしても同じ結果で手術はできないと思うって。


で、これからどうしていくかの話。


hcgが下がってきているのでこのまま0になれば問題はないそうです。


もう一度、ノアルテンを飲んで生理を起こさせて
0になってくれるのを願いましょうとのこと。


それで、もし0にならなければ1回だけ抗がん剤をして
死滅させてしまうことにしましょうということでした。


今回はノアルテンをいきなり飲むんじゃなくて
プレマリンで子宮内膜を十分に厚くしてから
ノアルテンで出してしまおうということになった。


私、もうかれこれ1ヶ月は出血が続いています。


これは大丈夫なのか?


貧血になるんじゃないかと不安です。


先生は今の状態でいても体的には問題はないと言っていた。


もうね、ナプキンするのいや。


もういっそうのこと抗がん剤やってもいいって思うよ。


先生はどうにかいい方法を考えてくれてるんだろうけど
ホント疲れるよね。


あぁ、ほんとに先のことが不安でたまらない。


hcgが0になっても妊娠できる体になるのかな?


妊娠できたとしてもめっちゃ不安。


乗り越えなきゃね。


乗り越えないと。


乗り越える!



にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ

恐怖の結果報告。

昨日の子宮鏡のご報告。


もうね、思っていたように最悪の結果でした。


病院へは9時に来るように言われていたんだけど
始まったのはなんと12時!


なんで9時にいかなあかんの?


ずっと緊張してるのにもうしんどくてたまらなかった。


手術室に入る前に座薬の痛み止めをすることになって
自分で挿入。


初めてだったので本当に効くのか不安だった。


点滴をして手術室へ移動。


手術台に寝転んで左手に血圧計装着していると先生登場。


もちろん、I先生。


先生  「はい、わらびさんこれからはじめて行きますね」
     「痛かったら麻酔するからね」


私   「(ビビリまくって泣く寸前)はい」


いよいよ始まった。


まず消毒してカメラが入っていった。


私は見る余裕はまったくなく目をつぶっていた。


するとやっぱり激痛!!


「痛い!痛い!」を連発。


先生  「やっぱり麻酔しようか」


私   「(返事をすることもできずに無言でうなずく)」


麻酔が投入されて意識はないが声と鈍痛はわかる。


グリグリやられてるのがわかる。


痛い痛いと声は出ないものの延々と続いてるようなきがした。


しばらくすると麻酔が切れてきたのがわかった。


目が開いて声に出して「痛いよ~痛いよ~」と言っていた。


目から涙が流れてるのもわかった。


それがしばらく続いて終了した。


終わって先生が出て行くのが見えて看護師さんの
「終わりましたよ」の声でどっと涙が溢れてそこから
ずっと泣いていた。


ベッドに戻ってからは声を出して泣いた。


痛かったのと終わって安心したからだと思う。


ほんとに辛い辛いものでした。


どうなったんだろう?ちゃんと入ったのか?そればかり気になっていたら
麻酔の影響か気持ち悪くなってきて頭がクラクラしてしょうがない。


眠ろうとしても気持ち悪くて眠れない。


点滴が終わったので看護師さんを呼んで気持ちが悪いことを
伝えるともう一つ点滴追加された。


2時間ぐらいベッドで過ごして少し眠ったのか点滴が終わっていたので
看護師さんを呼ぶ。


トイレに行って出血の確認をするように言われて
トイレにいこうとするけど頭がクラクラしてしんどくて
たまらなかった。


子宮鏡の結果はどうなったのか?


いつ教えてくれるんだろう?


トイレに行って着替えるように言われてもう帰る準備ができて
看護師さんを呼んだ。


「明日先生から詳しいお話があります。」
「明日こられますか?」と看護師さん。


「はい」と私。


「じゃあ、お薬を忘れずに飲んで明日また来てくださいね」


これで帰れっていうの?


全部じゃなくてもどうなったかぐらい教えてくれてもいいんじゃない?


そう思って聞いてみた。


「・・・あのぉカメラちゃんと入ったんですか?」


「あのね、やっぱり奥までは入らなかったみたい」
「先生もがんばってくれたんだけどね」とのこと。


もう、めっちゃ落ち込みました。


私のほうががんばったちゅうねん!!


ちゃんと入ったかどうかもわからんままよう帰らそうとするわ。


腹が立って仕方がなかった。


頭はフラフラするし腹立つし、朦朧として家に帰った。


家に着くと涙が止まらなくて号泣。


旦那さんから心配して「どうやった?」って電話があって
泣いて電話に出た私にびっくりして
「何があったんやー!」って慌てて事情を説明したら
とてもやさしく慰めてくれた。


その日はご飯も作れるような状態じゃなかったので
旦那さんが帰りに何か買って帰るって言ってくれて
とても助かった。


ほんとに私の子宮はどうなってしまってるんだろう。


前から子宮口は細いってわかってたけどそんなに何も入らないぐらい
ならこれから先なんの処置もできないってことになる。


次、もし移植できたとしてそれが妊娠にいたって
かなりの週数がたって流産ってことにでもなったら
どうやって手術するのか?
そんなことまで考えてしまう。


ほんとに不安でたまらない。


それで今日診察に行ってきました。


長くなったので続きはまたあとで。



にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ

明日は恐怖です><

またまたのご無沙汰です。


本日、ノアルテンDを飲み終わって生理が来て10日目。


まだ、出血が続いているのですが終わりそうもないので
診察に行ってきた。


9時からの採血で10時からの診察予定。


9時15分前に病院へ到着したら、すぐに採血の呼び出し。


今日担当の看護師さん、とってもよくしゃべるやさしい看護師さん。


私のカルテを見て
「もう、はやくおわってほしいな~」
「いいかげん、スッキリしな先にすすまれへんもんな~」



「そうなんですよね」
「でも、まだ出血終わってないんですけど大丈夫ですかね?」


看護師さん
「それは、体が一生懸命異物をだそうとがんばってるんやわ!」
「人間ってすごいね^^」
「ちゃんと先生が見てくれるから大丈夫!」


採血でこんなにしゃべったのはじめて。


でも、なんかうれしかった。


それから1時間ぐらいして、診察の呼び出し。


まず、超音波。


内診台に座るとすぐに先生登場。


いつものI先生。


先生 「はい、わらびさんどうですか?出血の量とかどうでした?」


  「そんなに多くはなかったですけど、まだ生理が終わらないです」


先生 「生理はいつから?」


  「21日からです」


先生 「10日目か・・・」


先生 (超音波の画面見ながら)「子宮の中に血液がたまってるね」


  「・・・そうなんですか?」


先生 「ちょっと中を診察しますね」


  「はい」


先生 「(広げる器具?(なんていうのかわからない)を入れて洗浄して見ている」


先生 「ちょっと我慢してね」


次の瞬間、激痛!!


 「痛い!!」


先生 「はいごめんね」


私は涙出そうになってこらえる。


先生 「じゃあ、もう一回ね。これは痛いね?じゃあこれは?」


 「さっきよりましです(泣)」


先生 「はい、わかりました、じゃああとでお話しますね」


 「はい(泣)」



もう、こんな痛い目にあうなんて思ってなかったから
腹が立ってプリプリしてしまった。


診察室に入ると目の前にhcgの書いた紙があって見て見ると・・・


hcg 5.6


先生 「hcgがだいぶ下がってますのでいいんですけど
    子宮に血液がまだたまっているのでこれが全部出て中が
    きれいにならないと0にはなってくれないと思います」


先生 「だからね、いちど子宮鏡で中を見てみたいと思います」


  「はい(内心、エぇぇぇぇーーーいややーーー)」


先生 「カメラが入るかわからない(私の子宮口はとてもとても細いのです)
    けど一度やってみて無理なようならやめます」
    「これで今の中の状態がわかれば中で残っている物が何なのか
    はっきりするし、出せるようなら出したほうがいいからね」

  「はい(泣きそう)」


絶対に痛いに決まってるから先生に聞いてみた。



「麻酔使いますよね?」



先生  「あまりにも痛いようなら使います」


  「はい(最初から使ってよーー!!)」


先生  「はい、そしたら明日ね」


診察、終了。


もう、なんか気持ちがまた落ち込んでしまった。


あの痛いの、もういやなんだよーー!


怖いよ・・・。


でも、先に進むためにはがんばろうと自分に言い聞かせて
もしかしたら入るかもしれないしとか、麻酔を最初から使ってもらえるように
言ってみようかとか考えてたら、看護師さんからお呼び出し。


中に入ると朝の看護師さんでした。


明日の子宮鏡の説明を受ける。


看護師さん
「明日、一人で来る?」
「帰りとか大丈夫かな?」
「お家どこ?」(カルテを見て確認)」
「あぁ、ちょっと遠いね」(ずっと一人でしゃべってる^^)


ここで、看護師さんとご近所だということが判明。


地元話でしばらく盛り上がりました。


「あそこ知ってる?あそこは?」


そんなことのいい合いでした^^


なんか気持ちも紛れてよかったです。


看護師さんありがとう!


でも、病院を出るとまたどよ~んとした気持ちになる。


どうしよ・・・でもそんなこと思ってもしょうがないし。


やるしかないんですよ!


すべて、自分のためなんだから。


気合でいってきます!!


また、報告します!




長々とスイマセンでした。
読んでくれた方ありがとう^^



にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ

いつ終わるの?

今日は診察の日だった。


あれから、ノアルテンを飲んで生理がきて
1日目がものすごくお腹が痛くなって、塊も出たけど
まだ残っているなと思っていた。


10時からの診察で採血があるので9時に来院してくださいとのこと。


病院についてすぐに採血に呼ばれて看護師さんが
「今日は混んでるので少し時間がかかるかも」とのこと。


もうすでにロビーにはすごい人だったので覚悟していた。


40分ぐらい待ったとこで電話が鳴った。


「わらびんさんですね、3番のお部屋で準備してください」とのこと。


「えぇーー?はやー!混んでるって言ってたのに」と思いながら
内診室へ向かう。


座って準備するとI先生登場。



「どうですか?生理のときいつも以上に痛みありました?」と先生。


「1日目だけすごく痛くて塊も何個か出ました」と私。


超音波のモニターを見ると少し小さくなって、形が歪になった胎嚢
が見えた。


「やっぱりまだ残ってる・・・。」
「入院になるのかな?」と心の中で思った。


でも、先生は
「小さくなってきてて形も崩れてきてるのでいいですよ」とのこと。
「じゃあ、あとでお話しますね」と言われ内診終わり。


診察室に入って先生とのお話。


先生:「だいぶ小さくなって形が崩れてきたので,
    もうこれは細胞としての機能はなくなっています」
    「だから、もう抗がん剤の治療は考えなくていいです」
    「でも、まだ残ってるぶんをださないといけないんですよね」
    「hcgもだいぶ下がってるし(33.5)、
     もう1回だけノアルテン飲んでみてもいいかなと思います」
    「それででないとなるともう1度手術してみることになるかな」

 : 「手術がまた中止ってこともあるんですよね?」

先生:「そこなんですよね」
    「だから、とにかくもう1度ノアルテンで出て来てくれることを待ちましょう」
    「で、今以上にhcgも下がらないし何も変わらなかったら入院して手術ってことかな」

 : 「わかりました」


結局まだ、入院しなければならない不安は付きまとってるわけです。


うぅぅぅぅーー。いつまで続くんだよー!


でも、今月入院は避けられたのがよかった。


旦那さんのお母さんが足の手術をすることになったので
私がもし入院することになったら重なってしまうので大変だなって
思ってて。


お義母さんは私が流産したことは知らないし、流産して入院するなんて
言ったらびっくりするだろうしね。


よかったってぜんぜんよくはないんだけどね。


すべてが終わるのはいったいいつなんだろう。


めまいはだいぶましになったけど朝起きたときがちょっとしんどいかな。


なんか、最近はうじうじ考えるのも疲れたから楽しいこと考えて
忘れるようにしてる。


もう、なるようにしかならないしね。


旦那さんとどっかいったり、おいしいもの食べに行ったりするのが
今は楽しいかな。


友達と行くのはまだちょっとしんどいというか、絶対今のこと聞かれるし
あんまり言いたくないし。



みなさん、いつもコメントいただいてありがとうございます。
すごく励みになります。
もうしばらく、がんばります。
こんなブログ、見てくれてありがとう。


みなさんが、幸せになりますように・・・。




にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へにほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP  » NEXT PAGE



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。